梅雨でじめじめとした日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。今回は梅雨のじめったるさにも負けないアツいイベントを取材しました。そのイベントとは、6月14日~16日に開催された、岡山でスタートアップを体験できる「スタートアップウィークエンド 岡山 Vol.3」。このイベントを主催した株式会社Content Crew代表取締役の藤田圭一郎さんを始めとするオーガナイザーの皆さんに取材し、イベントに込められた想いなどを伺いました。

総勢70名が参加

スタートアップウィークエンドは全世界で行われており、岡山では3回目の開催になります。そんな今回は、昨年12月にオープンしたばかりの商業施設「イコットニコット」内のコワーキングスペース「ワンダーウォール」で開催。1日目にチームを結成し、3日間にわたって、コーチに相談しながら、チームでアイデアをカタチにしていきました。そして最終日には成果をプレゼンし、現在活躍中の経営者の皆さんに審査してもらいました。その審査員には、株式会社CODE Meee 代表取締役CEO 太田賢司氏や株式会社ZEALS代表取締役CEO 清水正大氏、株式会社ミーニュー 代表取締役 三宅伸之氏、株式会社ディープコア 代表取締役社長 仁木勝雅氏といった岡山県内外で活躍する経営者たちが参加。総勢70名の参加者が集まり、大盛況のうちに幕を閉じました。

 

 

岡山にスタートアップ文化を

今回のイベントを主催した藤田圭一郎さんは、以前シェアドリームでも取り上げた際にも「岡山にスタートアップ文化を」と語ってくれましたが、岡山のいまのスタートアップ事情はどのようなものなのか伺ってみました。

関連記事:On the One 岡山×スタートアップ「藤田圭一郎」

 

—昨年から今回のイベントに至るまでに岡山のスタートアップ事情はどのように変化したと思いますか?

2019年3月にスタートアップキングダムを発足したことが大きな起点となり、スタートアップに対する認知が進んできてます。ついに行政が動くまでになり、2019年4月に「おかやま・スタートアップ支援協議会」が発足し、2019年8月には岡山市スタートアップ拠点がイコットニコット内に設けられます。ここから徐々にスタートアップが生まれていく機運が高まっていくと思います。

 

—岡山で何かしたいと思った人が藤田さんに相談してきたときにはどのようにサポートしますか?

事業の壁打ちには乗ります。進路相談とかふわっとした状態での相談でもお気軽に!

 

藤田さんにインタビューしてみて、岡山でますますスタートアップ機運が高まりつつあることを感じました。少し前にYouTubeの広告で話題になった「好きなことで生きていく」。そんな生き方が岡山で実現しやすくなっているようです。少しでもやりたいことがある人は、是非藤田さんに相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

ワクワク感は事業を作る人にしか味わえない

当イベントのオーガナイザーを務めた赤木孝臣さんに、イベントを通じて感じたことを伺ってみました。


赤木孝臣氏
SHOWROOM株式会社 代表取締役 前田裕二氏の「メモの魔力」を500冊購入し、前田裕二氏の講演会を開催する権利を得た。「メモの魔力」の内容を実践し、自己分析と新たなアイディアを生み出すワークショップ「メモ魔会」を岡山県各地で開催するほか、スタートアップウィークエンド岡山のオーガナイザーや高校で講演会など幅広く活動している。メモの魔力の購入を検討している方は是非、赤木孝臣さんから購入してみてはいかがでしょうか?
⇒赤木孝臣さんのTwitter:@Takaomi_Ak

 

—このイベントにかかわるようになったきっかけは何ですか?

スタートアップウィークエンド岡山の主催者の藤田さんに誘っていただいたのがきっかけです。

 

—参加者の様子を見て、「起業」に対して、どのようなイメージを持たれましたか?

三日間で事業を作っていく様子を拝見させていただいて、「起業」はそんなに簡単なものではないということを改めて感じました。チームのメンバーとの意見の食い違いや、思った通りのサービスを作ることができないというケースが多かったです。しかし、三日間考え抜いて作った事業案を発表する際の緊張感や、ワクワク感というものは事業を作る人にしか味わうことができない感覚だと思います。

 

—最後に、「若者にきっかけを」と掲げて活動されている赤木さんのビジョンなどありましたら教えてください。

『若者が前に出ていき、地方でも活動できる状況を作りたい』というビジョンのもと活動を行っていきたいと思っています。

 

赤木さんは、ビジネス・ブレークスルー大学の大学生でありながら、様々な活動に取り組んでおり、その中で出逢った藤田さんに誘われて、今回のイベントに携わったそうです。イベントのオーガナイザーという立場から『起業』の苦労やワクワク感を感じた赤木さんは、若い世代が地方にいても活躍できる世の中を目指しており、これからの赤木さんの活躍が楽しみです。

 

 

岡山県出身で、NewsPicsオリジナル番組「Make Money U-30」で特別賞を獲得した株式会社ZEALS 代表取締役CEO 清水正大氏の「岡山から日本をぶち上げていきましょう!!!」という言葉で、スタートアップウィークエンドVol.3は熱く締めくくられました。

 

 

 

[スポンサー]
スタートアップキングダム・株式会社TSUTAYA・SOICO株式会社・弥生株式会社・レプタイル株式会社・レイジーハウス

[ジャッジ]
仁木勝雅氏 ・清水正大氏・太田賢司氏・三宅伸之氏

[コーチ]
岩城裕介氏・齋藤拓也氏・白神康一郎氏・鈴木肇氏・山田邦明氏・土光勝太氏

[オーガナイザー]
藤田圭一郎氏・秋久智哉氏・赤木孝臣氏・西川天帆路氏

[サポーター]
竹内真紀氏・清水悠平氏・畑俊介氏・津田哲平氏

 

 

 

(取材協力:株式会社Content Crew代表取締役 藤田圭一郎氏、ビジネス・ブレークスルー大学 大学生 赤木孝臣氏/取材・記事執筆:ケンフィー)